パパ活アプリとギャラ飲みアプリのどちらが手軽に高収入を目指せるか徹底比較

パパ活は非常に割が良く、相手の探し方や交渉次第でお手当もどんどん上がっていくケースがあります。

より良いパパを探したり、安定したお手当を重視して月極で長く関係を続けていくことも可能です。

一方でパパ活に不安を持つ人は、ギャラ飲みなどの別のアプリで稼ごうと考えるケースも増えています。

ギャラ飲みにもメリットとデメリットがあるため、それぞれの特徴を比較しつつどちらがおすすめか解説しました。

より割が良い相手を探したいならパパ活アプリや交際クラブがおすすめ

多くのマッチングアプリが表向きパパ活を禁止している一方で、パパ活の場として使いやすく、評判の良いアプリは増えています。

男性会員が登録時に年収のチェックが行われたり、申告乗用が嘘だとわかった場合やデートのすっぽかしでペナルティが発生したり、会員資格が失われるアプリも登場しているからです。

アプリストアの審査の関係でパパ活禁止となっているだけで、アプリ開発会社、運営会社もパパ活に使うように作っていることは珍しくありません。

とにかく多くのパパが登録していて、短時間で高いお手当を目指すことが可能で、地方でも相手を探しやすいのがパパ活アプリのメリットです。

交際アプリはさらに高収入なパパが多く、女性間のパパ争奪戦も厳しくなるといった特徴があります。

ギャラのみのようなお酒だけの付き合いから、下心のありそうなパパを誘い出し、その先につなげて高収入を目指すことも可能です。

ただのデートや顔合わせだけで終わらせることも可能で、ギャラのみよりも選択肢が広いのも魅力となっています。

ギャラ飲みはアプリで管理される場合が多く制限やトラブルに注意

ギャラ飲みはギャラ飲み専用のアプリも登場し、女性も使いやすくなりつつあります。

注意したいのは、ギャラ飲みはパパ活よりも世間への浸透度が低く、地域には寄っては全くマッチングしないか選択肢が狭くなりがちなことです。

相手の都合に合わせて場所が選ばれることも多く、パパ活よりも交渉の余地が少なくなります。

また、ギャラ飲みアプリで会うことになったのに体の関係を求められたり、執着されたりと、トラブルに発展するケースも珍しくありません。

同じ報酬を貰って飲む相手を探すにしても、マッチングアプリ経由でパパを探した方がプラスな場合があるほどです。

東京や大阪など人口が集中する地域で、お酒が好き、トラブルを避けるための工夫を持ち込める女性でないと、稼ぐのは厳しい面があるのです。

飲むついでにお金を貰うといった感覚で使う女性も多く、しっかりと稼ぎたい場合はパパ活の方が有利になる傾向があります。

お酒が好きならパパ活アプリで相手を探すのがおすすめ

お酒が好きで飲み相手が欲しい場合は、パパ活アプリで相手を探すと高級なお店や、安くて量を飲める店を選ぶなど選択肢が広がります。

食事とセットで豪華にと言ったことも可能で、お金を貰いつつデートの幅を広げることが出来ます。

男性は女性と一緒にお酒を飲むとなると、ワンチャンスあると思い込むのがポイントです。

その後の関係も匂わせて誘い出し、お酒と食事だけ楽しんでデートを終了させるのも簡単になります。

駅前など人通りが多い所であれば、他人に助けを求めるなどトラブル時の対処もしやすくなります。

もちろん、相手のことを気に入った場合はその先を提案することも可能で、場の主導権を握りつつ、お金を稼ぐチャンスを増やせるのが魅力です。

<まとめ>

パパ活とギャラ飲みを比較した場合、ギャラ飲みの方が世間の浸透度は低く、マッチング相手にも苦労する傾向があります。

下心をもって利用している男性も珍しくないため、最初から交渉の余地が大きいパパ活アプリを使った方が効率的に相手を探せることが多いのです。

地方都市ではギャラ飲みアプリに登録しても全く相手がいないか、条件が合わないというケースがほとんどになるため、同じ飲むならパパ活アプリの活用がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です